Loading

平成13年 プジョー106 S16 整備です!ショック&シフトリンケージ&リヤブレーキパッド&ディスクローター&セレクターシャフトシール&ギヤオイル交換です!

2016.2.2

横浜市戸塚のアイピーエムから整備・施工事例のご紹介です!

今回のお車は平成13年 プジョー106 S16 GF-S2Sです!まだまだ大事に乗られている方が多く根強い人気車種です!

今回の整備内容は
・フロント&リヤショックアブソーバー交換

旧フロントショックアブソーバーです!

旧リヤショックアブソーバーです!

新ショックアブソーバーです!

前後ショックアブソーバーは経年劣化によりダンパーの減衰力が弱ってきていたので
交換となりました。
ショックのメーカーは前後共にモンロー(MONROE)です。

リヤショックアブソーバーです!

・リヤブレーキパッド&ディスクローター交換

リヤブレーキパッドの残数は2mm以下でしたので交換となりました!
非常に危険な状態でした。

更に摩耗するとパッドが全てなくなりディスクローター
に損傷を与え制動力にも影響し重大な事故につながる恐れもありますので
まめな点検をお奨めします。

最低でも法定12ヵ月点検は行うように心掛けてください!

ブレーキパッドのみの交換ですと旧ローターとの相性が悪くブレーキ鳴き
の原因にも繋がります。
ディスクローターの研磨も弊社で可能ですがディスクローターにも
摩耗の限度がございますのでご用命の際はどのような形が
最適かご案内さしあげます。

交換後のディスクローター&ブレーキパッドです!

ミッションセレクターシール&ギヤオイル&シフトリンケージ&ギヤオイルの交換です。

こちらはシフトリンケージとセレクターシャフトシールです。

シフトリンケージは経年劣化の為交換を推奨し交換していただきました!
セレクターシャフトシールは劣化によりオイル漏れをしていたので交換となりました。

新品シフトリンケージ&ミッションセレクターシール&ギヤオイルです。

ミッションセレクターシール交換後です。

整備後は走りも更に良くなりました!

輸入車全般に言える事ですがゴム類・シールなどの劣化が国産車より
少し早いため定期的なメンテナンス(法定点検)をお奨めします!

プジョー106を所有の方、欲しいけど整備が出来るお店が近くに無い方などなど
プジョーの整備でお困り方、またはお探しの方は
横浜市戸塚のアイピーエムにお任せください!

トップに戻る
オススメキャンペーン
BOSCHエアコンサービスACS751
コンタクトフォーム
電話
LINE
営業日カレンダー